旧「メルボルンに暮らす団塊世代が伝えるオーストラリアのゴルフ周辺見聞記」を拡大して、「…スポーツ周辺見聞記」 と改題しました。サッカー、ラグビー、競馬など手を広げます。お楽しみに。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ラグビーリーグはご存知?
ラグビーリーグはご存知?

日本では殆ど知られていないのがラグビーリーグだ。 アメラグと
私たちが親しんでいるラグビーユニオンの混ざり合ったものとでも
説明しようか迷う。どちらかと云えば、アメラグに近い気がする。
5回攻めるあいだに状況に変化がなければ攻守ところを変える。そ
の間、工夫を凝らして敵側の防御線を突破し得点しようとするもの
で、フィールドゴールもある。

ラグビーユニオンの多彩な攻撃を見慣れた目には、何ともまだるっ
こしい。このスポーツは、ルールを覚えられないプレーヤーが思い
あまって亜流を考えついて、安きに流れたのではないかとさえ思え
るのだ。

プレーヤーも心なしか「アンちゃん無頼風」が目に付く。もっとも
不愉快に見えるのがおざなりのスクラムだ。無頼の男がスクラムを
かたちだけ組む。それもきちんとクラウチ(かがむ)せずほぼ立った
ままで、まことに不真面目至極だ。

このようなスポーツだがシドニーのあるニューサウスウエールス州や
ブリスベンが首都のクイーンズランド州では大いに人気がある。
メルボルンがあるビクトリア州は、遅まきながらこのスポーツの商業
性に目を付けて、金に明かして強い選手を集めメルボルン・ストーム
というチームを結成して数年を経た。何処かの國の球団のようでも
ある。

そのチームが先頃(9月30日)のグランドファイナル決勝戦に出場し
本場のシドニーの名門チーム マンリーを大差で破った。
日頃のゲームは、観戦する気がしないのだが、決勝戦だけは過去にも
面白い戦いがあったので、暫く眺めてみた。

大観衆を前にそれなりの勝負が展開し、この決勝戦だけは、日頃と違
うスポーツのように感じられた。このスポーツは、日本では先ず陽の目
を見ることは無いだろう。まして国際試合があれば、負傷者続出は疑い
なしである。
スポンサーサイト

テーマ:★ラグビー★ - ジャンル:スポーツ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。