FC2ブログ
旧「メルボルンに暮らす団塊世代が伝えるオーストラリアのゴルフ周辺見聞記」を拡大して、「…スポーツ周辺見聞記」 と改題しました。サッカー、ラグビー、競馬など手を広げます。お楽しみに。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ラグビー豪州敗戦解剖
大きくても恐い相手がいる ラグビー豪州敗戦解剖


日本は体格のハンデを負いながらもラグビー世界大会で大いに健闘
した。小さくても果敢なタックル、素早い動きで観衆を魅了し
たのだ。

大型選手同士のラグビーゲームであっても、それなりの差異は
生じている。オーストラリアをうち負かしたイングランドはスク
ラムで以前からワラビーズを悩ませてきた。ワラビーズは兎に角
スクラムではイングランドに主導権を握られ押しまくられていた
のである。

今回対イングランド戦でワラビーズが改善に重点をおいた課題は、
将に此処にあった。此処で互角に押し合うことができたならウ
イングには、何台もの「高速自動車」が今や遅しとボールが出てく
るのを待っていたのだ。

ところが、イングランドはこの動きを見通して更にスクラムの強化
を図った。過去のスクラムを凌駕する力を蓄えていた。今度こそは
と意気込むワラビーズは押し込まれ、思うようにオープンに回せず
ゲームプランに綻びがでてしまった。

第2プランも旨く作動しなかった。ゲームの帰趨を左右したペナル
ティキックも、惜しいかな外してしまった。時の運がないときに泣
きっ面に蜂の状態だった。

ラグビーで勝利するには、オールラウンドに地力があること、何処
にも弱点を残すことがあってはならないのだ。世界の強豪は「傾向
と対策」を検証し、たっぷり予習をしてゲームに臨む、相手の
弱点は容赦なく攻めまくるということだ。。

ワラビーズにとりこの恐い対戦相手だったのがイングランドだった。
追い込まれると火事場の馬鹿力がでる、これに予習の成果が
加わったのが過日のイングランドと云うことなのだろう。 

豪州のラグビーファン達は未だに深い心の傷を抱えている。
スポンサーサイト

テーマ:★ラグビー★ - ジャンル:スポーツ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。