旧「メルボルンに暮らす団塊世代が伝えるオーストラリアのゴルフ周辺見聞記」を拡大して、「…スポーツ周辺見聞記」 と改題しました。サッカー、ラグビー、競馬など手を広げます。お楽しみに。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
上には上が プレーヤーの体格
上には上が プレーヤーの体格


昔、学生の頃アメラグの選手だった人から聞いた話し。
合宿でグアムへ出掛けた。合宿の仕上げに現地の米軍基地
チームとの練習試合となったという。

開催場所に出向く前から、皆すでに恐ろしさで胸がいっぱい
の状態。
そして相手チームの「いかつい」立ち姿を見たときは、足が
震え、もうちびる寸前であったと。

試合が始まれば終わるまで、兎に角無我夢中。
恐かったこと以外は、脳震とうを起こしたためかあまり覚え
ていない、こんなありさまだったのだと。

試合後の懇親会でバドワイザービールを片手に、話が弾んで
相手のプレーヤー達が云うには:-

「グアムの仲間内のゲームは、なんともないさ。でもハワイの
 奴ら相手のゲームでは本当にびびる。」

「ところがハワイの連中は、本土(米国)のプレーヤーは兎に
 角デカくて、激しくて恐い、と云うのさ。」

「君ら、次は本土へ行ってみろよ。」

これを聞いた我が学生チームの面々は言葉を失ったという。
そしてその後、本土を勇躍訪れたかどうかは、寡聞にして
知らない。
スポンサーサイト

テーマ:サッカー - ジャンル:スポーツ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。