旧「メルボルンに暮らす団塊世代が伝えるオーストラリアのゴルフ周辺見聞記」を拡大して、「…スポーツ周辺見聞記」 と改題しました。サッカー、ラグビー、競馬など手を広げます。お楽しみに。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最強 スプリングボックス ラグビー
最強 スプリングボックス ラグビー

南ア スプリングボックス対アルゼンチン ピューマの準決勝
は、予想通り37-13で南アの快勝に終わった。

イングランドに比べても遜色ない数のドロップゴールを蹴り
スクラム力や体力を誇り所謂 アップ&アンダーで敵陣の裏
へ猛襲をかける戦術で知られるアルゼンチンに対して、南ア
はミスを犯さず、逆に相手のミスを衝いて、慎重に着実にゲ
ームを進めた。これではアルゼンチンは手も足も出ない。

アルゼンチンは健闘したものの後半に崩れ、フラストレーシ
ョンと共に規律を失ってしまった。

南アは組織プレーが何処まで維持できるかがポイントであったが
フィジー戦で垣間見せた「ばたつき」は起こすことなく、冷静で
あったと思う。実力チームの余裕だろうか。

そしてハバーナの走力やパーシー・モンゴメリーのキック力など
要所要所で個人技がきっちり結果を出した。

元ワラビーズのコーチで、半分日本人の血を引くエディ・ジョ
ーンズの戦術が奏功したものと思われる。エディの理想がスプリ
ングボックスの技量で実を結ぶという相乗効果で成功を収めて
いるようだ。

イングランドは、36-0で一度破れている南アに対して雪辱を
期すだろうが、今の南アを破るのは先ず難しいだろう。

過日お伝えした予想は変わらない。
スポンサーサイト

テーマ:★ラグビー★ - ジャンル:スポーツ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。