旧「メルボルンに暮らす団塊世代が伝えるオーストラリアのゴルフ周辺見聞記」を拡大して、「…スポーツ周辺見聞記」 と改題しました。サッカー、ラグビー、競馬など手を広げます。お楽しみに。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ラグビーW杯開催国フランス雪辱ならず
ラグビーW杯開催国フランス雪辱ならず

ラグビーW杯開催国フランスは、開会式直後のゲームで負けた因縁の
対戦相手アルゼンチンと3位決定戦で再度遇いまみえた。

フランスは、今度こそ捲土重来を期し、手堅い攻守を見せると期待された
ものの蓋を開けてみれば、その実は挙がっておらず後半には総崩れの状態
に陥り雪辱はならなかった。却って、開幕戦に続き同じ相手に負けると
云う屈辱を味わった。開催国としては、情けない結果に終わった。

アルゼンチンのラグビーは、レイトタックルなどが目に付き決して美しい
ものでは無く、勝つラグビーに徹していた。常に押し気味に試合を展開
し、ディフェンスも一級品であることは、認めざるを得ない。

スタンドオフの試合巧者振りは目立っていた。これほどゲームの芽を摘む
ことに長けたスタンドオフは、珍しいのではないか。フランスのもたつき
の影には彼の存在が大きかったと思う。

フランスのパス回しの拙劣さは、アルゼンチンからマークされており
インターセプトされていた。加えて、アルゼンチンのシャープさの前に
為す術を知らなかった。
10-34でのフランスの敗戦は、意外だったが No 6の黒人選手は
将来が楽しみだ。
スポンサーサイト

テーマ:★ラグビー★ - ジャンル:スポーツ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
ラグビーW杯についての最近の情報です。
2007/10/21(日) 18:47:33 | 最新キーワードの情報収集・動画ブログ 第五倉庫 スポーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。