FC2ブログ
旧「メルボルンに暮らす団塊世代が伝えるオーストラリアのゴルフ周辺見聞記」を拡大して、「…スポーツ周辺見聞記」 と改題しました。サッカー、ラグビー、競馬など手を広げます。お楽しみに。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
イングランド健闘及ばず南ア優勝 ラグビーW杯
イングランド健闘及ばず南ア優勝 ラグビーW杯

21日早朝(日本時間)イングランドと南アのあいだで決勝戦が
戦われた。試合は、ひとつのトライも決まらないままの6-15で
ペナルティゴールが帰趨を左右した。

両国間のテストマッチは、2006年11月まではイングランドが
7連勝していた。ところがその後4連敗で今回の決勝を迎えたのだ。

今大会の緒戦でイングランドは36-0で南アに敗れている。最近の
勢いを観ると南アの敵ではなく、大差で破れる懸念があったがイングラ
ンドは、前回の敗戦からの建て直しにかなり成功していた。

イングランドファンがいみじくも「ラグビーではひとつきはとても
長いのだ。何が起きてもおかしくない」と試合前に語っていた。
勝つことはできなかったが、そこそこイングランドは意地を見せてくれた。

南アは、1980年代以降最も安定した力を持ち、個人技面でも
ハバーナ(走力)、モンゴメリー(キック力)などの選手に恵まれて
いた。勝つべくして勝ったといえる。

因みに、豪州へは南アから10万人ほどが移民して来ていることから
この決勝戦は、豪州内で大きな反響を呼んだようだ。

これで、この数週間の週末の寝不足状態は終了するのだが、次の
ラグビー世界大会(ニュージーランド)2011年が待ち遠しい。
スポンサーサイト

テーマ:★ラグビー★ - ジャンル:スポーツ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。