FC2ブログ
旧「メルボルンに暮らす団塊世代が伝えるオーストラリアのゴルフ周辺見聞記」を拡大して、「…スポーツ周辺見聞記」 と改題しました。サッカー、ラグビー、競馬など手を広げます。お楽しみに。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007メルボルンカップが数時間後に
2007メルボルンカップが数時間後に

11月の第一火曜日は、メルボルン市内は休日になる。
市内だけなのだが、ビクトリア州そしてオーストラリア
全体が休日の様相を呈するのがメルボルンカップデーだ。

職場や友人間で不作為に自分の馬を決めてその着順に一喜
一憂したり、兎に角街中いや国中がレースの前後は歓声がわき上
がるようにさえ感じられる。

明治維新前の1861年にのレースは始まっている。歴史
といい内容といい世界三大競馬と評される所以だ。

その歴史に去年2006年は新しいページが加わった。1-2
着を日本の馬が占めたのだった。特に英国系の人間は競馬は
自分らのものと思うくらいの気位があるから、余程悔しかった
のだろう。

2007年のメルボルンカップが話題になりだした頃、F1と
呼ばれる馬のインフルエンザが流行りだした。日本の馬がもって
きたなどと妙な言いがかりを付けられ面白くなかった。例えば、
人間のインフルエンザをこれは豪州産のインフルエンザだなどと
決めつけることがあるだろうか。インフルエンザなどに国境は
ない。

その後、それこそあちこちでインフルエンザが発生し流石にもう
「日本の…」などという馬鹿な話は成り立たなくなり消えたのだ。

で、そんなことがあり今年は日本の馬はインフルエンザのため
一頭も出場しない、何とも残念だ。来年は、日本馬の実力を
再度示して日本競馬の存在を知らしめて欲しい。

今日のメルボルンは朝から青空が広がり素晴らしい競馬日和だ。
ただ、2日前に降った久し振りの「纏まった雨」のため見た目
よりもターフは遅いという。

カップは通常のG1よりも長い3200メートルで競われる。
ほかのレースで気を吐いた馬も、この3000メートルを超す
長丁場の後半で息切れを起こすというから、結果には意外性が
常にあるのだ。

昨年の日本馬2馬はともに科学的で合理的な管理の厩舎から来て
おり素晴らしいレース展開を見せ、流石に日本の競馬界は
違うと悦ばせてくれた。
今年は日本馬抜きで、寂しいがどのような結果になるか興味深い。

Zipping, Purple Moon, Baybe Better あたりが面白いと
見ている。
スポンサーサイト

テーマ:競馬 - ジャンル:スポーツ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
あなたがもしたった2つの約束を守ってくれるなら・・・競馬でサラリーマンの給料くらい稼ぐ事は簡単な事です。私の競馬の師匠は競馬歴40年のベテランです!どんなに私が頑張った所で、師匠の様なレース展開や馬の調子などを見抜く事など出来ません。ましてや高配当、万
2007/11/06(火) 20:05:50 | 時給百円未満
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。