FC2ブログ
旧「メルボルンに暮らす団塊世代が伝えるオーストラリアのゴルフ周辺見聞記」を拡大して、「…スポーツ周辺見聞記」 と改題しました。サッカー、ラグビー、競馬など手を広げます。お楽しみに。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポーツビジネスと、振興の根幹
スポーツビジネスと、振興の根幹

オーストラリアン フットボール(AFL)は、豪州独自の
ユニークな競技で、メルボルンを中心とする人気度の高いプロ
スポーツだ。

中心となるメルボルンには、いくつものチームがあり、贔屓の
チームの成績に一喜一憂するフィーバー具合は、日本の野球に
似ていなくもない。

その中の名門チームであるノースメルボルンは、カンガルース
と呼ばれ多くのファンがいる。ところが、多くのチームがそう
であるように、常にスポンサー探しや、資金集めに汲々として
いる厳しい実態には深刻なものがあるらしい
暫く優勝から遠ざかっていれば、自ずとチームの経営は難しくなる。

AFL連盟は、商業的な観点から、団塊世代の国内移住で特に
成長の著しいクイーンズランド州のゴールドコーストの市場性に
着目した。カンガルースの本拠地をメルボルンからゴールド
コーストへ移そうと目論んだのである。

これが喧々囂々の議論を呼び、最終的にサポーターが集まり投票
の結果、本拠地の移動案は反対多数で挫折した。

商業的な側面の強いスポーツであるAFLや、ラグビーリーグ
では今後もこのたぐいの動きは常に頭をもたげるだろう。

日本のプロフェッショナル・サッカーでも、チームの勝敗はもとより
組織造りと運営の充実、サポーターとの交流とそのベースの拡大を図る
面での巧拙のもたらす効果は大きい。
浦和レッズは、その成功例だが、既にしてクラブ間に厳然と格差が
生まれている。

忘れてならないのは、当該スポーツで高度の内容を維持し、世界に
通用するレベルのプレーで観客に満足を与えているかどうかだ。

これがクラブ発展のための基礎となる。数年は観衆の目をごまかせる
かも知れないが、目が肥えてゆく一方のサポーターは、いつかしびれ
を切らす。

カンガルースは、先ずは優勝することが先決だ。そして日本のサッカー
は、国際試合の取りこぼしでサポーターを裏切らないレベルにまで
高める努力が求められる。
スポンサーサイト

テーマ:浦和レッズ - ジャンル:スポーツ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
オーストラリアンフットボールに関する最新ブログ、ユーチューブなどネットからの口コミ情報をまとめてみると…
2007/12/13(木) 06:24:24 | クチコミコミュニケーション
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。