FC2ブログ
旧「メルボルンに暮らす団塊世代が伝えるオーストラリアのゴルフ周辺見聞記」を拡大して、「…スポーツ周辺見聞記」 と改題しました。サッカー、ラグビー、競馬など手を広げます。お楽しみに。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
全豪テニス シャラポワの借金
全豪テニス シャラポワの借金

全豪オープンテニス大会の女子シングルス決勝は
第5シードのマリア・シャラポワ(ロシア)が第4シードのアナ・
イワノビッチ(セルビア)に7―5、6―3で勝った。

準々決勝でシャラポワが勝ちを収めた際、応援席の父親が指先で
顎の下を左から右へ掻き切るかの仕草をしたのがテレビに映った
ことが不評を買い、観客のおおかたはイワノビッチに肩入れをし
ていたようだ。

父親や身内の言動で苦労する選手は後を絶たない。両選手の親は共に
子供の才能を見いだされたあと、借金をして米国のテニスアカデミー
へ子供を送り出すという「苦労」をしているという。

渡米時、シャラポワは7歳。同行する母親の査証の取得に時間が
余分にかかり、当初の2ヶ月間はひとりだったのだという。
長い間苦労を重ねたわけだ。道理で実に自然な英語を話す。

目前の勝ち負けが、父親に昔の苦労を思い起こさせたのだろうか。
借金はとっくに償還したと伝えられる。

スポーツでの人気は、口さがないメディアにも影響される。
朝昇龍の不人気は、本人とメディアの合作といえよう。

イワノビッチの応援者が、「マリア。静かに(プレー)してよ」
とシャラポワの叫び声を挙げるプレースタイルを横断幕を掲げて
揶揄する場面の映像があった。
( テレビで観戦していて耳につき、正直言って不快感を
 覚えないわけではない )

今回は、跳ね返したシャラポワだが、来年同じ組み合わせになる
ようなことがあれば、イワノビッチにはより多くの応援が集まるだろう。

イワノビッチも、もう借金を返しているとは思うが
スポンサーサイト

テーマ:テニス - ジャンル:スポーツ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。