旧「メルボルンに暮らす団塊世代が伝えるオーストラリアのゴルフ周辺見聞記」を拡大して、「…スポーツ周辺見聞記」 と改題しました。サッカー、ラグビー、競馬など手を広げます。お楽しみに。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ガンバ大阪がメルボルンビクトリーに勝利
ガンバ大阪がメルボルンビクトリーに勝利


ガンバがメルボルンに 4-3で勝った。
空中戦にも遜色なし。
日本を代表するクラブチームとしての面目を保つ
試合振りだった。

メルボルン中心部近くの屋根付き競技場の
テルストラドームで今夜(4月9日)
ガンバ大阪対メルボルンビクトリーのアジア
クラブチャンピオンシップのゲームがメルボルン
時間午後7時30分から開催され観戦してきた。

約24000人の観衆を集め、屋根は開け放ち
星空の下の試合だった。収容能力は6-7万人
はあろう大型会場のため空席が目立つも、ゲーム
開始前からメルボルンビクトリーの熱心なファン
が両方のゴール裏に陣取り応援を繰り広げた。
将にホームの有利さはここにある。

日頃の豪州人気質からは想像できないような
組織だった応援振りで立派なものだった。ゴール裏
に陣取る応援団が掛け合いのようにエールや拍手を
リズムに乗せてピッチを挟んで送りあうさまは、
これはひょっとして日本に勝ち目がないのではとさえ、
思わされたのだ。

そして開始早々のメルボルンの得点は、一気に応援団を
興奮させてしまった。イレブンにあたかももう1名が
加わったかの如く勢いづけてしまった。

ところがガンバには二川が点を返す働きをした頃から
エンジンがかかった。その後は、息詰まるシーソー
ゲームで3-3に、これで引き分けかと諦めかけた
ところで、後半の終了間際にもう1点を加え勝利した。

観客席の私たち二人の周囲は、すべてがメルボルンの
応援であることは、最初の得点時の騒ぎようで明白
だった。

次にガンバが得点した時、騒いだのはそのなかで我らふたり
だけだった。 周囲はしれーっと静かなのだ。日本人は
いないみたいだ。

3点目、気がつくと周囲は皆、チームカラーの紺地
に白文字でメルボルンビクトリーと入ったマフラー
を頸に巻いたり手に持っている。 それを振り回したり
メルボルンの文字をまるで誰かに見せるように両手で
広げて前に突き出すのだ。

会場全体には、きっとあちこちに日本人はいるはずだ。
だが応援のかけ声は聞こえてこない。私たちのいる3階で
ピッチを斜めに見るあたりの席では、多勢に無勢の
まっただ中だった。 それでも、声を張り上げる。
もちろん日本語でだ。品の悪いような内容の言葉は
吐いていない。云っても「このへたくそ」くらいの
可愛いものなのだ。

幸いなことに周囲の「多勢」は、柔和だったのだろう。
いびられるようなことも無しに、実に愉快にガンバの
勝利を堪能した。 帰宅後、喉をハチミツでさっそく
養生しなければならなかったが。

2週間後に今度は大阪(と思う)で再試合だという。
ガンバ大阪の応援が負けず劣らずであることを祈りたい。
今夜は、まことに佳い気分になっている。
スポンサーサイト

テーマ:ガンバ大阪 - ジャンル:スポーツ

コメント
この記事へのコメント
良いブログですね^^
ブログ拝見しました。とても素晴らしいブログですね。
これ、作るのすごい時間かかったんじゃないでしょうか?
内容も充実してますし、ブログ作るのも大変ですからね。
私もブログ作っていますので、ブログ作りの大変差も楽しさも
わかってます。すごく良いブログだったので、思わずコメント
してしまいました。また、じっくりと過去の記事なども読ませていただきます。
2008/04/10(木) 01:21:31 | URL | ナンパ師 #-[ 編集]
ガンバ大阪を応援している者です
はじめまして、ガンバ大阪を応援しているものです。昨日は、行けない我々に代って応援して頂き、本当にありがとうございました。

メルボルンも、普段よりはかなり応援に熱が入っていたと思います。なにはともあれ、
勝てて良かったです。

少数ながら遠征組も行っていたのですが、目立たなかったかもしれません。こういう感じでやっていたようです。
http://www.jsgoal.jp/photo/00032300/00032306.html

http://www.jsgoal.jp/news/00063000/00063298.html

二週間後、大阪、万博記念競技場での試合では、我々の応援を披露できると思います。ぜひ中継をご覧ください!
2008/04/10(木) 23:46:47 | URL | あさ@逃避日記 #a2fnBRhM[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。