旧「メルボルンに暮らす団塊世代が伝えるオーストラリアのゴルフ周辺見聞記」を拡大して、「…スポーツ周辺見聞記」 と改題しました。サッカー、ラグビー、競馬など手を広げます。お楽しみに。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ガンバ大阪観戦記 メルボルンでのゲーム観戦と費用など
ガンバ大阪観戦記 メルボルンでのゲーム観戦と費用など

昨日4月9日のガンバ大阪の快勝を楽しむのに費やした
金額を参考までに記録してみる。

入場料  $24.60
駐車場  $23.00 ( テルストラドーム地下 )
ビール  $ 5.80 / 杯

このところの豪ドルを95円/ドルとしてみるなら、お一人様
約5000円だった。

入場チケットは発券業者の Ticketmaster からインターネット
経由で購入。 即プリンターでA4の用紙にチケットをプリント
アウト。当日競技場入り口ではチケットのバーコードを読みとり
器械にかざせばゲートが開いて入場可となる。便利なものだ。

地下の駐車場内の入場口から入り、エレベーターで一気に
目指す階まで登ることができる。

今回は会場が大きいためだろう General admission で
何処に座っても佳いものだったが、3階でピッチ全体を斜めに
観る席を選んだ。 以前ピッチに近いのが好かろうとA席を
奮発したものの、高い位置から全体を眺める方が余程攻防の
意図がわかりやすく、楽しいことを学んでいたのだ。

飲み物は各種いろいろ売っている。私はビールしか購入しな
かったが、アルコール度で3段階にビールをわけ 
Heavy, Medium, Light (それぞれ同額)と記載があるも 
「本日は Heavy はありません」だった。
何故だろう、騒ぎを警戒しているのだろうか。不明だ。

ゲーム開始の午後7時30分に先立つ2時間前に開場する。
熱心な人たちは、仕事場から直行で会場に駆けつけ仲間と
ビールで会場の雰囲気の高まりから楽しむ。
腹が空けば、ミートパイ、ホットドッグ、ポテト揚げチップス
にトマトソース(ケチャップ)をたっぷりかけて食べている
オーストラリア人達だ。決して健康食ではない、俗に言う
ジャンクフードばかりだ。スポーツ観戦とジャンクフードの
取り合わせは、矛盾していて、いただけない。

食べなくても二人で出掛けビールの2杯ずつも飲めば
1万円は飛ぶ勘定だ。 豪州の物価水準かから観て
安いとは云えない。

メルボルンでは、スポーツがビジネスとしてしっかり確立し
人々の間のエンタテインメントの地位を築いている。
ミュージカルやコンサートなどの劇場娯楽などを除けば、
ほかにあまり選択肢がないのも現実なのだ。
スポンサーサイト

テーマ:ガンバ大阪 - ジャンル:スポーツ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。