FC2ブログ
旧「メルボルンに暮らす団塊世代が伝えるオーストラリアのゴルフ周辺見聞記」を拡大して、「…スポーツ周辺見聞記」 と改題しました。サッカー、ラグビー、競馬など手を広げます。お楽しみに。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
日本、NZマオリ戦で惨敗 パシフィック・ネーションズカップ
日本、NZマオリ戦で惨敗 パシフィック・ネーションズカップ 

6月28日にニュージーランド(NZ)北島東海岸のネーピアで
ラグビーのパシフィック・ネーションズカップの日本―NZマオリ
戦があった。

日本は前半健闘を見せたが、後半は一気に崩れ22―65で負けた。
先住民のマオリは、英国の植民地化に激しく抵抗し、植民地として
ではなく条約を締結(ワイタンギ条約 1840年)し英国人の居住
を承諾した誇りある歴史を持つ。

敢闘精神に富むマオリ族がラグビーを受け入れたことは、不思議ではない。
ニュージーランドを代表するオールブラックスに、マオリ族は幾多の
名選手を送り出している。
オールブラックスの名を高めたのは、マオリと英国系ニュージランド人の
協調プレーの賜物であることに他ならない。

同国の「宗教」であるとも称されるラグビー(ユニオン)の、水準はとても
高い。どのような田舎の街にもラグビーポールがそびえている。
第2軍的立場にあるNZマオリとはいえ、国を代表するチームを相手に前半
だけであっても示した日本の健闘は、誉められてよい。
ただ、NZマオリチームの目を覚ませてしまった副次効果は痛いもの
だったが。

 これで、日本は通算1勝3敗。先住民マオリ系選手で構成するNZ
マオリは順当に4戦全勝。

ラグビーの一流国NZ、豪州勢との力の格差は、優れた外国人選手の
力を借りても、未だにとてつもなく大きいのが現実だ。
スポンサーサイト

テーマ:★ラグビー★ - ジャンル:スポーツ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。