FC2ブログ
旧「メルボルンに暮らす団塊世代が伝えるオーストラリアのゴルフ周辺見聞記」を拡大して、「…スポーツ周辺見聞記」 と改題しました。サッカー、ラグビー、競馬など手を広げます。お楽しみに。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ラグビー 力を付けたワラビーズ。仏を殺戮
ラグビー 力を付けたワラビーズ。仏を殺戮

7月5日夜ワラビーズ対フランスがブリスベンで戦われ
40-10の得点大差記録(対フランス戦)でワラビーズが快勝。

4万人を集めたゲームは、クイーンズランド州出身の
選手の活躍もあり大いに沸いた。

前半からフランスはコミュニケーションの欠如が露呈した
試合運びでハーフタイム間際にペナルティキックで3点を
かえすまでは一方的なワラビーズの「殺戮」が進行して
いた。

一方、ワラビーズはマット・ギトーの活躍とキックの
正確さで着々と点を重ねた。 ギトーは、全てのキックに
成功し、ひとりで20点を蹴りだした。

但しワラビーズのスクラムは、安定性を欠くものだった。
ときに素晴らしい押し込みを見せるかと思えば、次は
まったく精彩を欠くというように、危うさを伴っていた。

2週間後(7月19日パース)トライネーションズでの
南ア戦までに更に磨き上げる必要があろう。


その南アはNZオールブラックスと5日にウエリントンで
ゲームがあり8-19で負けている。
悪天候のもと実力は出しけれていなかった
が、チームの総合力では低迷を感じさせられた。

その結果、個人技に優れた、ブライアン・ハバナやパーシー
モンゴメリーの存在が活かされていない。

それだけにオールブラックスの、攻守に堅実なプレーは
いぶし銀であった。

ワラビーズにとり、トライネーションズではNZオール
ブラックスが最大のライバルとなるだろう。
スポンサーサイト

テーマ:★ラグビー★ - ジャンル:スポーツ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。