旧「メルボルンに暮らす団塊世代が伝えるオーストラリアのゴルフ周辺見聞記」を拡大して、「…スポーツ周辺見聞記」 と改題しました。サッカー、ラグビー、競馬など手を広げます。お楽しみに。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
多才の人 ワラビーズのマット・ギトー
多才の人 ワラビーズのマット・ギトー


さる7月5日の対仏第2戦で、全てのトライに絡み
自らのキック力だけでも20点を蹴りだしたマット
ギトーは、多才の人でもある。

マーク・エラ、デービット・ケンピージー、ジョン・エルス
など昔活躍した選手達を思い起こすもう一段高いステージ
に到達したと云っては誉めすぎだろうか。

ギトーはその名前からフランス系と思われる。キャンベラ
郊外の育ちではあるが、英語のほか仏語、イタリア語、
スペイン語まで話すと報じられている。
これだけ話す事ができる人材は豪州でも希だ。

そして、趣味は料理であると。ラグビー選手にならなかっ
たら料理人になっていただろうとの本人の言葉だから驚く。

こういった背景があるから、余裕のあるまた創造性に富む
プレーに繋がるのだろうか。 家事の中でクッキングが
唯一創造的な作業ですと、そういえばある女性が云っていた
のを思い出した。

道を究める事は素晴らしい、その一方集中しすぎて他の
事は一切駄目というのも寂しい限りだ。
スポンサーサイト

テーマ:★ラグビー★ - ジャンル:スポーツ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。