FC2ブログ
旧「メルボルンに暮らす団塊世代が伝えるオーストラリアのゴルフ周辺見聞記」を拡大して、「…スポーツ周辺見聞記」 と改題しました。サッカー、ラグビー、競馬など手を広げます。お楽しみに。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
対豪戦で難産の銀メダル? 日本女子ソフトボール
対豪戦で難産の銀メダル? 日本女子ソフトボール


金メダルの可能性は当然未だある。ただ、今晩の対オーストラリア戦の
進展具合を観たあとでは、銀で上出来と思っても仕方ないのではないか。

何とも難産、糞切れの悪い、決まりがつかないゲームだった。
両チームともにダブルヘッダーの疲れと緊張で疲労困憊のゲームで
あったことは間違いない。3時間にもわたったゲームは、しかしバックの
怠慢の所産であったとも云える。

上野投手は、最後まで頑張ったが、明日の金メダルを賭けたゲームに
連投させるわけには行かないだろう。バックの詰めが甘く余分に彼女の
体力を消耗したのは、取り返しがつかない。

このゲームで、またしても体格の差を感じる。ホームを陥れようとした
我が選手を、オーストラリアの大女キャッチャーはホーム寸前で立ち
はだかり阻んだ。 レフトからの送球も見事だった。

あの大きめのソフトボールは、長い腕、長い指に恵まれた白人が
自分らのサイズに合わせて考えたものだろう。

日本人の男子にさえ、あの大きさのボールは少々扱いにくいのだ。
21日は、銀で上出来の気持ちで余裕を持って観戦すれば、或いは
金の卵が産まれるかも知れない。

私にとっての山場は、今日のゲームだった。兎に角、オーストラリア
に勝利してくれて嬉しい、これに尽きる。
スポンサーサイト

テーマ:ソフトボール - ジャンル:スポーツ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。