FC2ブログ
旧「メルボルンに暮らす団塊世代が伝えるオーストラリアのゴルフ周辺見聞記」を拡大して、「…スポーツ周辺見聞記」 と改題しました。サッカー、ラグビー、競馬など手を広げます。お楽しみに。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
陸上の王者ボルトと、IOCの妄言
陸上の王者ボルトと、IOCの妄言


ジャマイカの弱冠22歳のボルトは陸上競技100メートルと
200メートルで世界新記録を軽々と出し金メダルに輝いた。

ところがBBCの報道によれば、IOCオリンピック協会の
会長が、そのボルトを批判したという。

ゴールまで全力走しなかった。競技後の態度が勝者として相応しく
なく、ほかの競技者への侮辱であるというものだ。

22歳の若者が素直に彼なりの喜びを示した程度のもので、批判は
全くあたらない。
だいたいからして、五輪の商業化や、五輪貴族の跳梁跋扈の先頭に
立っている輩に、このような批判は許されない。

こういったスーパースターが現れて、将来放映権をより高く売り
目を細めるのは、IOCではないのか。

中国オリンピック協会のごり押しをあちらこちらで受け入れ、報道
制限や人権問題が依然として改善されていないことにも目をつぶって
いるのがIOCなのだ。

IOCを生業とし、寄生する五輪貴族の、戯言には呆れる。
スポンサーサイト

テーマ:陸上競技 - ジャンル:スポーツ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。