旧「メルボルンに暮らす団塊世代が伝えるオーストラリアのゴルフ周辺見聞記」を拡大して、「…スポーツ周辺見聞記」 と改題しました。サッカー、ラグビー、競馬など手を広げます。お楽しみに。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
不甲斐ない日本野球 WBC韓国に敗戦
不甲斐ない日本野球 WBC韓国に敗戦

韓国チームのことは知っていると豪語していた
ダルビッシュ。初回に3点を奪取されるていたらく。

イチローをはじめとする貧打陣。つながらない
打てない。そのうえ、更に後半のこれ以上の失点は
許されない大事な場面で点を取るのでなく、却って
更に1点を献上したのだ。

城島が審判の判定に不満を言っても、塁にでることが
できなければ何も始まらないのが野球。

あれほどの前評判で米国に出掛けていったが
今日の敗戦は、先の対韓国戦のコールドゲーム勝ちは
全くのまぐれ、第2戦の原監督の稚拙なゲーム運び
で負けたあたりが今の実力かと思わされ、今日の敗戦
内容でだめ押しされたようなものだ。

ガラスでできているような繊細な日本野球。ここぞの
場面で力が発揮できないのは民族性か。

これで、北京五輪の星野監督をいたぶったメディアは
少々いたぶり過ぎだったことに思い至るだろうか。

韓国の怨念と恨みを原動力とする野球の実力の前には
日本野球は、ただの 「ひ弱な花」でしかなかった。
実に不愉快なゲームだった。

次のキューバは、先日のキューバとおなじと考えては
ならない。今日の韓国戦をみて、怖れるに足らずと
牙を磨いているはずだ。
スポンサーサイト

テーマ:WBC - ジャンル:スポーツ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。