旧「メルボルンに暮らす団塊世代が伝えるオーストラリアのゴルフ周辺見聞記」を拡大して、「…スポーツ周辺見聞記」 と改題しました。サッカー、ラグビー、競馬など手を広げます。お楽しみに。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
激突ラグビー豪対南ア トライネーションズ
激突ラグビー豪対

     南ア 明日からトライネーションズ



6月16日(土)に南アフリカのケープタウン市ニューランズ
スタジアムでの豪州ワラビース対南アフリカ スプリングボックス
の試合からトライネーションズが始まる。

ワラビースは過去7年間アウェーの南アフリカでのゲームで勝利して
おらず、因縁のぶつかり合いとなる。

スプリングボックスは、このゲームのために準備を十二分に重ねたと
報じられる。西豪州パースのフィジー戦の後、直ぐにケープタウン
入りたワラビースは「戦闘態勢のまま」明日のゲームを迎える。

ウエールスとフィジーとの全てに勝利を収めた合計3ゲームを通して
コノリーコーチは、各プレーヤーの手応えを試してきた。キャプテン
のモートロックは、これからがフランスでのワールドラグビーに向けて
本番が始まりである、とチームに檄を飛ばしている。

陣容は次のように発表された。

Qantas Wallabies

1. Matt Dunning
2. Stephen Moore
3. Guy Shepherdson
4. Nathan Sharpe
5. Dan Vickerman
6. Rocky Elsom
7. George Smith (vc)
8. Wycliff Palu
9. George Gregan
10. Steven Larkham
11. Lote Tuqiri
12. Matt Giteau
13. Stirling Mortlock (c)
14. Drew Mitchell
15. Julian Huxley

Reserves
Adam Freier
Al Baxter
Mark Chisholm
Stephen Hoiles
Phil Waugh (vc)
Adam Ashley-Cooper
Mark Gerrard



スポンサーサイト

テーマ:★ラグビー★ - ジャンル:スポーツ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。